--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.07.07

さーさーのーはー

さーらさらーーー
のーきーばーにーゆーれーるー♪

七夕ですね

七夕は本当見事に毎年曇りですね

みんなブログやみくしぃの日記で、
独自の七夕論を語っていておもしろいです。

高校時代の友人は、雲で隠されてる七夕は淫乱な日だとかゆってますが。

台無しです。笑


ちなみにWikipediaで七夕を調べると・・・・

七夕(しちせき/たなばた)は、7月7日または8月7日に多く行われる祭である。五節句の一つにも数えられる。古くは、棚機(たなばた)とも表記し、今日一般的にたなばたと発音するのはその名残である。元来中国での行事であったものが奈良時代に伝わり、もとからあった日本の棚織津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた。



とありました。
よくわかりません。笑

しかも、ロマンティックとはかけ離れた、怠惰なお話。

こと座の1等星ベガは、中国・日本の七夕伝説では織姫星(織女星)として知られている。織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。夏彦星(彦星、牽牛星)は、わし座のアルタイルである。夏彦もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなった。このため天帝は怒り、2人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけ会うことを許されていた。しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず牽牛も彼女に会うことができない。その時は、二人を哀れんでどこからか無数のカササギがやってきて、天の川に自分の体で橋をかけてくれるという。



恋をして、それ以外の事をしなくなっちゃうよーじゃダメですね!

まぁ、でも、そんな時期もあるよね。笑

七夕、もっと詳しく知りたい方は、コチラをクリック


ところでみなさんは、何か願い事しました??


あゆは、ドイツへ行く日、セントレアで短冊を書いてきました

tanabata.jpg


前にも書いたけど、あゆは欲張りです。笑

だからきっと日本は負けました。笑

二兎を追うものは一兎をも得ず。

勉強になりました。


人気ブログランキング
みなさんは、愛する人と会えましたか?
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://ayunavi2007.blog31.fc2.com/tb.php/143-1401a2d9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
2兔ではダメ。100以上願えば5つくらいは、当たる。世の中は統計学です
あゆ、もっと欲張れ。
Posted by オーパス澤田 at 2006.07.08 21:47 | 編集
>>オーナー
100以上!!さすがです。
では、したたかなふりをしながらも、もっと貪欲に生きることにします★笑
Posted by あゆ at 2006.07.09 03:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。